勤務医LETTER

2007年 No.79 9月15日発行(PDF 858KB)ダウンロード

  • 「勤務医の労働環境実態と意識に関する調査」報告会を終えて 医師のQOLを高め、勤務医・開業医・住民で築く真の地域医療/勤務医部担当理事 鶴田 一郎
  • 吸入インスリンの現状/大阪府済生会中津病院 糖尿病内分泌内科部長 西村 治男
  • コンビニエンスな診療所をめざして/いとう消化器クリニック 伊藤 裕之

2007年 No.78 6月15日発行(PDF 1.5MB)ダウンロード

  • 続く国民医療の崩壊―現場の声を政治に届けよう/担当副理事長 川﨑 美榮子
  • 最近話題の循環器疾患の診断と治療/東住吉森本病院 副院長(循環器科部長) 瓦林 孝彦
  • 「第2回勤務医の労働環境実態と意識に関する調査」の概要/大阪府保険医協会勤務医部会・協仁会小松病院副院長・関西医科大学小児科臨床教授 原田 佳明
  • 「『連携』で地域医療を守りたい」/サギス中クリニック(福島区)・内科 塚本 雅子

2007年 No.77 4月15日発行(PDF 2.56MB)ダウンロード

  • 将来を憂う勤務医の労働実態が明らかに 勤務医の労働環境実態アンケート調査ご協力の御礼/勤務医部担当理事 鶴田 一郎
  • 関節リウマチ治療の進歩と限界/大阪厚生年金病院 整形外科部長(リウマチ担当) 大脇 肇
  • オープンして3年―小児科医の集約で地域における小児救急医療の充実を/
     豊能広域こども急病センター所長/箕面市医師会長(笠原小児科院長) 笠原 勝 氏
  • どこまで行くのか医療崩壊/東淀川区 牛尾整形外科 牛尾 一康

2007年 No.76 2月15日発行(PDF 820KB)ダウンロード

  • 医療改革関連法案の行く先にある「地方の劣化」/担当副理事長 川﨑 美榮子
  • 手の外科と眼瞼下垂/関西電力病院形成外科 高見 昌司
  • 「食えたら十分…」/大山クリニック(東大阪)・泌尿器科 大山 哲

2006年 No.75 11月15日発行(PDF 652KB)ダウンロード

  • 医師の過重労働とその心の内を問う ぜひ「勤務医の労働環境実態と意識に関するアンケート調査」にご協力を/勤務医部担当理事 鶴田 一郎
  • 『一般健診から検尿がなくなる!?』
    /地方独立行政法人大阪府立病院機構 大阪府立急性期・総合医療センター 腎臓・高血圧内科主任部長 椿原 美治
  • 柔軟な勤務体制で優秀な人材を確保し、医療の質を向上させる/大阪厚生年金病院長 清野 佳紀 氏
  • 「開業は人と人とのつながりから」/西成区 田端医院 田端 晃博

2006年 No.74 9月5日発行(PDF 452KB)ダウンロード

  • あの「医師過剰論」はなにだったのだろう?/担当副理事長 川﨑 美榮子
  • 男性更年期障害の最近の知見/総合医療センター医務監・大阪市立十三市民病院 泌尿器科部長 安本 亮二
  • 「立地と資金は厳しく 入念な計画をもって」/豊中市 婦人科・内科 吉村 猛

2006年 No.73 6月15日発行(PDF 420KB)ダウンロード

  • 勤務医の労働環境改善に向けて/勤務医部担当理事 鶴田 一郎
  • 潜在性甲状腺機能低下症は治療すべきか/すみれ病院 院長 浜田 昇
  • 「患者とともに」/守口市 小児科・アレルギー科 高井 建司

2006年 No.72 4月25日発行(PDF 796KB)ダウンロード

  • 激震!!今回の診療報酬改悪 療養病床は38万床から15万床まで減少/担当副理事長 川﨑 美榮子
  • 「生活習慣病と遺伝子・環境因子のかかわり」/関西電力病院院長 清野 裕
  • 同業者からの紹介は心の支え/守口市 ふたむら皮膚

2006年 No.71 2月25日発行(PDF 524KB)ダウンロード

  • 医療制度の将来像について 「グラフで見るこれからの医療」/勤務医部担当理事 鶴田 一郎
  • 循環血液量減少の指標/近畿大学医学部 堺病院 麻酔科 湯浅 晴之
  • よい病院?/守口市 垣鍔耳鼻咽喉科・アレルギー科 垣鍔 典也

2005年 No.70 12月15日発行(PDF 388KB)ダウンロード

  • 財界・財務省のいいなりの医療「改革」~病院の激震と開業医の収入減~/勤務医担当副理事長 川﨑 美榮子
  • がん医療の問題点 ホスピス緩和ケアの役割/寝屋川市 小松病院 名誉院長 谷 荘吉
  • 開業医の面白さ/淀川区 うらいさみ整形外科 浦勇 武志