勤務医のひろば

本田宏の白熱教室

1979年医師免許取得後は36年間外科医として生活。東京女子医科大学第3外科にて腎移植、肝移植の臨床と研究に携わり、最後の26年間は全国一医師不足の埼玉県の地域急性期病院(済生会栗橋病院)で勤務。
2014年に還暦を迎えたのを機に、2015年3月で外科医を引退。医療再生のために情報発信活動に加えて市民活動等へ積極的に参加している。

第6回(最終回) 温故知新 明治維新の背後にあった大英帝国のアヘンマネー

 多くの日本人は明治維新を、薩長の若者が中心となって江戸幕府に終止符を打って、欧米列強の植民地化から日本を救った美談と捉えているのではないでしょうか。最終回では明治維新の本質に迫り、今後私たちがどう行動すべきかを示したい …続きを読む

一覧を見る

シリーズ「開業して思うこと」

第三者継承で苦労した集患と従業員とのコミュニケーション

 2018年4月に開業という道に一歩踏み出しばかりの長尾典尚と申します。  私は1999年に卒業して20年は勤務医として働き、産業医科大学卒業ということもあり、産業医を目指して内科を中心に修練し、諸先輩方のおかげで内科総 …続きを読む

一覧を見る

臨床 Update

臨床現場でのさまざまな最新のとりくみを、わかりやすくお伝えします。

外国人医療で最も大切なこと

医)太融寺町谷口医院 院長 谷口 恭  昨今、訪日外国人の医療に伴う様々な問題が多くの場面で指摘されている。それらが大きくなってきているのは確実であり、なんとかしなければならないという思いから「関西の外国人医療を考える会 …続きを読む

一覧を見る