勤務医のひろば

本田宏の白熱教室

1979年医師免許取得後は36年間外科医として生活。東京女子医科大学第3外科にて腎移植、肝移植の臨床と研究に携わり、最後の26年間は全国一医師不足の埼玉県の地域急性期病院(済生会栗橋病院)で勤務。
2014年に還暦を迎えたのを機に、2015年3月で外科医を引退。医療再生のために情報発信活動に加えて市民活動等へ積極的に参加している。

第6回(最終回) 温故知新 明治維新の背後にあった大英帝国のアヘンマネー

 多くの日本人は明治維新を、薩長の若者が中心となって江戸幕府に終止符を打って、欧米列強の植民地化から日本を救った美談と捉えているのではないでしょうか。最終回では明治維新の本質に迫り、今後私たちがどう行動すべきかを示したい …続きを読む

一覧を見る

シリーズ「開業して思うこと」

医院経営と患者満足度とのバランス

 医院経営を考える上で重要な事はキャッシュフローを見通すことです。キャッシュフローとは資金繰りのことであり、利益とは異なります。その違いの原因は医業未収金と設備投資や在庫です。未収金とは入金されていない売上代金のことで、 …続きを読む

一覧を見る

臨床 Update

臨床現場でのさまざまな最新のとりくみを、わかりやすくお伝えします。

新型コロナウイルス感染症の今後の見通しは

地方独立行政法人大阪健康安全基盤研究所 理事長 奥野 良信  新型コロナウイルスは2002年に出現したSARSコロナウイルス(SARS-CoV-1)と遺伝学的に極めて近く、SARS-CoV-2と命名された。因みに、SAR …続きを読む

一覧を見る