勤務医LETTER

2016年 No.128 2月15日発行(PDF 1.6MB)ダウンロード

  • 「化血研問題」が残したもの/勤務医部長 原田佳明
  • 理想と現実のギャップ/おおたきく子クリニック(大阪市北区梅田)院長 太田喜久子

2015年 No.127 11月15日発行(PDF 1.5MB)ダウンロード

  • 医療費削減に翻弄される医療機関/勤務医担当副理事長 川崎美榮子
  • 耳管開放症、およびその周辺疾患の治療 耳づまり感、自声強聴を呈する耳管機能障害の診断と新しい治療(後篇)/守田耳鼻咽喉科 大阪駅前耳管クリニック 院長 守田雅弘

2015年 No.126 9月15日発行(PDF 2.0MB)ダウンロード

  • 10月から始まる医療事故調査制度/勤務医部長 原田佳明
  • 耳管機能障害の診断と耳管開放症の病態 耳づまり感、自声強聴を呈する耳管機能障害の診断と新しい治療(前篇)/守田耳鼻咽喉科 大阪駅前耳管クリニック 院長 守田雅弘

2015年 No.125 6月15日発行(PDF 1.4MB)ダウンロード

  • 勤務医の労働環境を大きく変える医療事故調査制度/勤務医担当副理事長 川崎美榮子
  • 疼痛性障害(心因性痛)の漢方治療について(後編)/こうり痛みと漢方の医院 院長 洪里和良

2015年 No.124 4月15日発行(PDF 2.3MB)ダウンロード

  • 国民皆保険を形骸化する「医療制度改革法案」/勤務医部長 原田佳明
  • 疼痛性障害(心因性痛)の漢方治療について(前編)/こうり痛みと漢方の医院 院長 洪里和良

2015年 No.123 2月25日発行(PDF 1.4MB)ダウンロード

  • 県立奈良病院の時間外手当訴訟が意味するもの/勤務医担当副理事長 川﨑 美榮子
  • 糖尿病専門クリニック開設3年を振り返り(収入は減っても環境や人に恵まれ幸せな日々)/なかじま糖尿病内科(東淀川区) 院長 中島芳樹

2015年 No.122 1月5・15日発行(PDF 1.4MB)ダウンロード

  • 小児科医の視点も反映した勤務医部会活動に/勤務医部長 原田 佳明
  • 下肢静脈瘤の最新治療血管内焼灼術について/ハルカス川崎クリニック 院長 川崎 寛

2014年 No.121 10月25日発行(PDF 1.4MB)ダウンロード

  • 懸念多い事故調ガイドライン/勤務医担当副理事長 川﨑 美榮子
  • 診療以外の業務に振り回されながら/天神田中内科クリニック(高槻市) 院長 田中 基晴

2014年 No.120 9月12日発行(PDF 1.9MB)ダウンロード

  • 医療事故調査制度のあるべき姿~医療安全と再発防止に向けた課題とは/勤務医部会部長 鶴田 一郎
  • 開業して思うこと[59]「なぜ、どうして、こうなった」/まゆみクリニック 中澤 まゆみ

2014年 No.119 6月13日発行(PDF 1.6MB)ダウンロード

  • 「医療・介護総合法」で変質する日本の医療~勤務医の将来ビジョンに影響も/勤務医担当副理事長 川﨑 美榮子
  • 開業して思うこと[58]『ここ、できてよかったわ』の言葉に元気づけられ/つきやまクリニック院長 月山 芙蓉
  • 一体改革は地域完結型の医療・介護めざす厚労省案 保団連・勤務医交流会を大阪協会で開催